入局希望の方へ
Resident

研修プログラム

入局希望の方へ医局長からのメッセージ

これから耳鼻咽喉科医を目指す皆様、初めまして。

当教室の研修プログラムの最大の特長は、関連病院の多さと経験豊富な指導医の先生達です。大学病院では耳・鼻・喉・頭頚部腫瘍のそれぞれの分野に分かれて高い専門性を持って診療が行われています。また、教室が持っている研究室を含め、信濃町のキャンパス内には総合医科学研究所や先端生命科学研究所などの最先端の医学研究が行える環境も整っています。関連病院では多くの施設がその地域の中核をなす病院であり、日々多くの症例を経験することができます。専攻医の皆さんには、大学と関連病院での研修を通して多彩な耳鼻科領域の疾患を広く学んでいただくと共に、これからの医療の発展につながるような研究にも興味を持って頂きたいと考えています。私立大学附属病院は、大学出身者が多く占めるイメージがあるかも知れませんが、慶應は毎年半数以上他大学出身の入局者を迎えており、常に門戸を開いています。まずは是非見学へいらしてください。

医局長関水 真理子

教育プログラム

慶応義塾大学耳鼻咽喉科学教室の教育目標は、どんな場面でも対応に困らないバランスのとれた専門職として「真の耳鼻咽喉科専門医を育てる」ことです。ここでは当教室の教育の特長について述べたいと思います。

1.専修医教育のロードマップ

医師学年 勤務 備考
初期研修医1年目
初期研修医2年目 入局試験
専修医1年目 慶應義塾大学病院勤務 慶應病院での勤務は半年間あるいは
専修医2年目 関連病院①勤務 2~3年目の場合もあります
専修医3年目
専修医4年目 関連病院②勤務 内容
専修医5年目 専門医試験
耳鼻科専門医1年目 慶應義塾大学病院助教 各研究班に属し専門を持ちます
耳鼻科専門医2年目
耳鼻科専門医3年目

耳鼻咽喉科専門医は、丸4年間の耳鼻咽喉科研修施設での研修を経たのち、5年目に受験資格を得ます。 その4年間のうち、通常は半年から1年間を慶應義塾大学病院で、残りの3年から3年半を教育関連病院で、研修を行います。
当教室は、それぞれの専修医の個性に配慮し、希望に応じた研修コースをテーラーメードで作成しています。身につけるべき手術内容はある程度卒業学年によって決まってきますが、 専修医の個性を無視して「何年目までにどこまでの習得」と杓子定規に決めることはありません。熱心に学ぶ人はどこまでも伸びることができます。 一方で例えば女性医師には結婚、育児の環境に最大限の配慮を行い、最適の勤務地、勤務環境を提供できるように努力しています。 また、専修医の皆さんの習得状況に応じて研修先を考慮します。 技術や知識の習得が十分でない場合には、様々な上級医が丁寧に面倒をみて、専門医取得までの学習を手助けしています。

2.慶應プログラムの特長

慶應義塾大学は、私学にして大学病院が本院しかない稀な大学です。首都圏を中心に31の関連病院を有し、教育関連病院を含めた教育体制は日本で随一であると自負しています。
耳鼻咽喉科は非常に多岐にわたる分野を診療の範囲としておりますが、当教室は『腫瘍』『耳』『喉頭』『鼻』の4つの専門班に分かれ、各分野のエキスパートの指導の下、臨床および研究の教育を行っております。
極めて症例豊富な教育関連病院での研修も当教室の特長の一つです。 年間500例前後の手術件数を誇る、地域医療の中心を担う病院が多数あり、臨床力の高い医長・部長の下で、豊かな経験を積むことができます。また教育関連病院出向中も、学術講演会クルズス、手術手技のハンズオンセミナーなどを通じて、教育を受ける機会が多数あります。このように、座学から実習、発表と、医師としての総合力を鍛えるためのプログラムがしっかりと組まれております。

多様な手術手技のセミナー

  • 慶應耳科手術セミナー
  • 慶應鼻副鼻腔外鼻解剖セミナー
  • 慶應咽頭手術セミナー
  • 慶應手術研究会

慶應鼻副鼻腔外鼻解剖セミナー

慶應耳科手術セミナー

3.専門医取得後の幅広いキャリア選択肢

専門医資格を取得後に、大学病院で専門班にわかれサブスペシャリティーの研鑽を積むのが一般的ですが、その後は下記の如く幅広いキャリアの選択肢があることも当教室の魅力の一つです。

  • 大学や研究機関で臨床+アカデミックな仕事に従事(慶應・関連大学・東京医療センター・成育医療センターなど)
  • 関連の一般市中病院で臨床
  • 育児支援枠での診療
  • 留学(海外の研究機関での研究留学、国内では癌研有明病院などでの臨床留学)
  • 開業

各個人の思い描くキャリアパスにあわせ、最適の勤務地、勤務環境を提供できるように教室としてできる限りのサポートをしております。

4.過去の入局者について

当教室の入局者の出身大学は毎年多岐にわたります。過去10年の実績を見ても、他大学からの入局者数は自大学出身よりも多いです。当然のことながら、出身大学や男女で研修内容に差がつくことは無く、分け隔てないプログラムを用意しております。さらに、他大学・病院で研修をしていた専修医の中途採用も比較的多いのが特徴でもあります。 実際に専修医となった方々にも選んでいただけるだけの環境を提供することができていると、自負しております。

年度 新入局者 男性 女性 出身大学
令和3年 9 5 4 慶應大4、獨協医大1、愛媛大1、弘前大1、昭和大1、帝京大1
令和2年 5 3 2 慶應大1、東京医大1、浜松医大1、富山大1、東邦大
平成31年 5 4 1 慶應大4, 神戸大1
平成30年 4 4 0 慶應大1、日本医大1、浜松医大1、帝京大1
平成29年 7 5 2 慶應大3、新潟大2、日本大1、日本医大1
平成28年 9 4 5 慶應大5、北里大2、東京女子医大1、藤田医科大1
平成27年 10 6 4 慶應大6、東京女子医大1、近畿大1、昭和大1、大阪医大1
平成26年 10 4 6 慶應大3、筑波大1、群馬大1、東北大1、千葉大1、愛媛大1、北里大1、東京女子医大1、順天堂大1
平成25年 3 1 2 慶應大1、信州大1、順天堂大1
平成24年 5 3 2 慶應大3、大阪大1、東京女子医大1
平成23年 15 7 8 慶應大5、福島医大2、杏林大1、藤田医科大1、東北大1、 東京女子医大1、埼玉医大1、高知大1、熊本大1、北里大1

専修医教育期間は、専門医を取るまでのとても重要な期間です。研修医、また医学生のみなさんは、少しでもご興味があれば、ぜひ一度見学にいらして、当医局のアットホームな雰囲気に触れてください。 専門医を取得した助教たちがとても伸び伸びと学び、成長し、楽しく働いている姿を見ていただけたらと思っています。
私たちは、患者さんへの医療を第一に考え 、医師として人間として成長できる場を提供し続けることを目指して、教室員全員が努力しています。
 多くの新しい仲間を迎えられたらうれしく思います。一緒に働ける機会を楽しみにお待ちしています。

ページトップへ戻る