入局希望の方へ
Resident

入局者の声

細谷 誠

入局年2012年

助教

臨床しながら「基礎研究」
してみませんか?

「研究ってよくわからないし、難しそう。」「とっつきにくそう。」「日々の臨床で手一杯で、時間が中々とれない。」「なんで、わざわざ臨床医になったのに研究のことなんて考えないといけないの。」

このページをみる若手の先生方の多くが、おそらく「基礎」「研究」という言葉を聞いてどれか少なくとも一つくらい一度は思ったことがあるのではないでしょうか(もしかしたら、全部思ったという先生もいるかもしれません)。日々の臨床では、研究をあまり意識することがないので、当然かと思います。
では、逆に日常の診療の中で、「この病気どうして治らないのだろう」「治したかったのに、なんで治せなかったのか悔しい」、と考えたことはないでしょうか。きっと、こちらも初期研修や後期研修を過ごす中では何度か思ったことがあることでしょう。こんな疑問を感じて、時に悔しい思いをしたことがある人は、研究の最初のステップをクリアしていますしきっと研究に向いています。
このような疑問の多くは、教科書を読んだり論文を探したりすれば解決します。しかし、時にはまだよくわかっていないことにぶつかることもあることでしょう。この「臨床上の素朴な疑問」を認識することが「研究の第一歩」であり、そして(すこしでも)自分で解決できた時の喜びが、「研究の醍醐味」です。臨床で感じた悔しさはきっとバネになることでしょう。

当教室では、臨床経験を積むだけでなく臨床研究、さらにはそこからの基礎研究にも力を入れています。実際、私は大学助教として臨床業務を行いながらも日々研究対象である内耳に関する基礎実験を行う生活を行っています(特にヒトiPS細胞および小型霊長類モデル動物であるコモンマーモセットを使った研究が得意分野です)。臨床医だからこその研究課題選びと「感性・直感」を大事にして、「臨床的課題の基礎的解決」を目指しています。その他にも多くの先生方が研究に従事しており、臨床にも研究にも全力をつぎ込める環境が当教室には整っています。
ぜひ、若い力の積極的な挑戦を待っています。一緒に研究してみませんか?

竹林 亜貴子

入局年2016年

助教

当教室のバックアップのおかげで
育児と仕事の両立ができています。

私は、ダイナミックさと精密さを併せ持った頭頸部外科の手術や、感覚器を扱う面白さに惹かれて耳鼻咽喉科を志望しました。入局前に結婚しましたが、夫の勤務地に合わせて都内の関連病院で研修することができました。
その後専門医取得後に出産し、大学病院常勤として復帰しました。当教室はバックアップ体制・指導体制が整っており、はじめは外来業務のみから徐々に慣れていく形をとることができたため、ブランクがあっても安心して復帰することができました。実際に何度か子供が体調を崩したことがありましたが、その度にすぐに代診などのフォローをしてくださり、看病に徹することができました。
現在は手術の執刀も少しずつ始めています。子育てをしながら常勤医として働くのは大変な面もありますが、一日一日が新鮮でとても充実しています。加えて、子育てという経験が耳鼻科医としての仕事に良い影響を与えてくれていると実感しています。育児と仕事の両立は教授をはじめとした医局の先生方のご理解とサポートあってこそ成り立つものであり、本当に感謝しています。

女性医師のキャリアプランは迷うことや悩むことが多いですが、きっと自分なりの答えを見つけることができると思います。当教室の雰囲気、耳鼻咽喉科の面白さをぜひ見学しに来てください。お待ちしております。

ページトップへ戻る